POP3コマンド一覧

ちょっと必要になったので。残す。

コマンド意味必須
USER ユーザー名認証するユーザー名を指定する
PASS パスワード認証するユーザーのパスワードを指定する
APOP ユーザー名 ダイジェストUSER、PASSコマンドの認証の代わりに使用する。グリーティング・メッセージのチャレンジとパスワードから導いたダイジェストで、ユーザー認証を行う
STATメールメッセージの数とサイズを応答する
LIST [メッセージ番号]メールメッセージ番号とそれぞれのサイズを応答する。メッセージ番号が指定された場合には、該当メッセージ分のみが対象
RETR メッセージ番号指定されたメッセージ番号のメッセージ全体を表示する
DELE メッセージ番号指定されたメッセージ番号のメッセージを削除する
NOOP何もしない
RSET認証確立後発生した削除処理を全て取り消す
TOP メッセージ番号 Line数指定されたメッセージ番号のメッセージの指定されたLine分だけボディを表示する。Line数が0の場合は、ヘッダーのみの表示となる
UIDL [メッセージ番号]UIDLの一覧を表示する。メッセージ番号が指定された場合は、該当メッセージ分のみ
QUITログアウトする
LAST最後にアクセスしたメッセージ番号を表示する×
XTND 拡張命令 [引数]RFC1082で定義されている。引数として他の拡張命令を伴うことで、その拡張命令を実行する。拡張命令としては、bboards、x-bboards、archive(電子掲示板やネットニュースの一覧表示や購読)がある 
CAPAオプションや拡張機能のコマンドなどの「能力」一覧の表示 
AUTHCRAM-MD5、LOGIN形式など、IMAP4などとも共通する認証を行う 
PIPELININGESMTPのPipeliningのような、非同期通信の開始の宣言 

○……実装は必須
△……実装はオプション
×……最新仕様(RFC1939)では削除されている
無印……拡張仕様(RFC2449)などで定義されているが、実装は少ない

カテゴリー: POP3