Category Archives: Windows 10

C# WASAPI NAudioで音量レベルメーターを作る

最低限必要なオーディオレベルメーターです。緑のメーターが音量、黄色CH1,CH2がそれぞれ左右のチャンネルです。オーディオデバイスが5.1chだと黄色いメーターが6個表示されます。5.1の”.1″は5ch + ウーハーのチャンネル。ドルビーとかの映画とかでしか使わないと思われる。(ゲームでも使われるのかな)

今回は、カスタムコントロール内でデバイス選択用のコンボボックスと、プログレスバーのオーバーライド(標準のままだと時間制御が入っていて音声の反応に追いつかないので、ただの四角で対応しています)

作ったきっかけ

最近、Twitchで音楽配信をやりたくなってドラムマシン(BOSS DR-880)とKORG Gadget 2のゲーム音源を使ってサンプリング音源で遊んでたりしてます。その時に音が出ているか目で確認したくて作りました。

前にも仕事でWASAPI+D2DでOSDとかWin32で作ってたけど、C#で 名前空間を 書き直したラッパーを公開している人がいるみたいなので使ってみました。Win32C++でCOMをマスターしてれば、MSDNそのまま使えるから必要ないんだけど。時間と作業効率上の問題か。それとバグった時の…しかし人が書いたコードを理解する時間と、自分で書くのとどっちが早いかが勝負。WASAPIを書き直したこの人の労力はすごいかも。C#でWASAPI理解するなら、C++でもいいじゃん。C++だと、アプリの動作が7割早いらしいね。(Win32 + COM最強!)

配信でOBSを使うならバックグランドを淡色にすれば背景を消せるので、これでもいいといえばいい。

あとは、アニメーションを作るときのエフェクトとか合わせるときの問題か。DXならブレンディングできるし。今後の課題。今回はAudioRenderデバイス(再生デバイス)からメインボリュームと、使えるチャンネルを表示している。

AudioCaptureデバイスもモニタ出来るけれど、Captureデバイスからサブスクリプションで有効なデータを受け取るイベントを受け取ってバッファを読むようだ。これだと生データが読めるのでFFTもできそう。実際はAudioRenderをループバックして、バッファを読んでデータを表示。スペアナの表示もできるっていうことらしい。ちなみにAudioCaptureのバッファのデータは、WaveExフォーマットでステレオデータを読むのでこれまたC++の方が使い勝手がいい(Win32 APIがSDKに用意されている)気がする

ダウンロードはこちら

Gitとかは相変わらず使いにくいし、シェアする気もないのでソースはZIPでアップしておく。(ご利用はご自由ですが一切責任は負いかねますのでよろしくお願いします)

このサイトは、プログラミングの知識のある上級者向けですのでソースコードに関する不具合は環境によって書き直してください。(サイトの管理者Nは対応しません)

これをエンジンとして、ビジュアル的なエフェクトが作れればいいなと思います。

Windows 10 VisualStudio 2019 C#WinFormで作成しています。必要なNuGetパッケージはスクショのリストの通り。NuGetからNAudio周りのパッケージをDLしてください。

次は、またSPEECH APIでコマンド管理アプリを上げていこうか。OpenCVで目、口、鼻トラックもできるようになったのでそっちかな。あとは、Youtubeチャット読み上げアプリとか絡めて、VTuber用アプリとか。

自分のTwitchアプリを作っていこう。

ちなみにTwitchチャンネルはこちらです。

結局MBPはWindows10マシンになりました

現状、PHPでSQLのデータのCSVエクスポート、.NET Frameworkアプリでの処理、そしてCSVファイルを生成してアップロードという作業がメインになっております。

しばらくは、MBPのWin10パーティションのサイズが足りなくなり、パーティションの切り直しして再インストールしようと思って古いデスクトップマシンで作業していたけれど、MBPでパーティションのリサイズができたので結局MBPのWin10に戻って作業しております。

MacのOSアップデートもたまに起動したときにするくらいで、XCodeも最近は触っておらず・・・

iPhoneアプリもそろそろライブラリのアップデートリリースしないと

そして、やっとLolipopのSSHを使ってリポジトリを導入することができました。まだセキュリティ周りの仕組みがわかっていない。手順は書けるけど最近のセキュリティ設定はちんぷんかんぷん。

そういえば、アンケートやレビュー書かなくなったなぁ。絶対にどこかでデータ抜かれてるんだろうけど、いちいち時間とられるし、自分から書きに行く行為が一番危ないと思う今日この頃。

Steinberg UR242 その3 Windows 導入編

dspMixFXはWindows版は問題なく起動できる

中古で買ったUR242の続き。前回Macではライセンスがなくて、dspMixFXは起動できなかった(正確にはDSP設定ダイアログが起動できない)。そしてiOSでは問題なく起動できた。そして今回はWindowsで使用できたのでアップデート。

その1のドライバアップデートページからWindows版をダウンロード。結果は同じだろうと諦めていたけれど同じ手順ですんなりエフェクトウィンドウが表示される。

Cubase Pro 10ではInsertにRev-Xを選択した時点でライセンスエラーになる

さらにCubase Pro 10からは、デバイス設定画面からYAMAHA Steinberg USB ASIOを選択後、オーディオコネクションで入力バスに選択可能になるもミキサーから3種類のRev-Xエフェクトを選択した時点でライセンスエラーとなる。dspMixFx上では、マスターのエフェクトにRev-Xエフェクトは選択可能。

メニューからスタジオ→ スタジオ設定
ASIOドライバをYAMAHA Steinbert USB ASIOに設定

Yamaha Steinbert USB ASIOを選択
Cubase 10でUR242が認識されている
メニューからスタジオ→オーディオコネクションから
UR242を入力バスに設定(全面の入力は Input 1と2、背面は3と4)

なかなか、操作性が複雑になってきているCubaseですが、Cubase Pro 10ではこれらのウィンドウはメニュー→スタジオから表示することができる。

eLicenserを使ってアクティベーションを試みる

再度ライセンスソフトを使って、アクティベーションを試みるもアクティベーション済みのメッセージが出る

BasixFXをアクティベーションしようとしてもすでに使用済み

BOOTCAMPでWindowsを起動する

Mac OS XでBOOTCAMPにWindowsをインストールしてOS選択画面するときは、Optionボタンを押したままマシンをブートする。

インストール方法はBoot CampアシスタントからWindowsをインストールするパーティションを切りなおす。

Boot Campアシスタントのアイコン (LaunchPad)

そして切り直したハードディスクにUSBストレージからWindowsをインストールする。

Windows 10 無償 アップグレード (FMVEH30/ET FMVE30ETB)~その2~

誇りを掃除

ファンも外して、綺麗に
ヒートシンクも綺麗に
カバー類も綺麗にして
電池も新品に
届いたパーツ類。メモリ 8GBx2とSSD 500GB

Windows 7 からWindows 10 へのアップグレード、メモリ16GB、SSD500GBへの換装完了。

やっぱり、CPUのパワー不足。アプリの起動時にCPUが99%になってしまう。特に、Chromeで走るSoftware Reporter Toolが常に99%を引き起こす。これは設定で、クリーンナップとGoogleへのレポートをオフにすることで回避できる。

どうせなので、Software Reporter Toolが使用しているフォルダを強制的に権限をなくすことで、起動できないようにする。(詳細)Googleに個人情報やオペレーションを送らないために。

あとは、コントロールパネルの回復オプションから、システムの初期化をしてOSを初期状態に戻す。ドライバとWindows Updateが残るのかをチェックする。

Windows 8 64Bits AverMedia A360ドライバがFujitsuのサイトで公開されていたので、テレビチューナーのドライバももう一回確認する。